So-net無料ブログ作成
検索選択
グルメアート ブログトップ

ハロウィン [グルメアート]

26 カボチャケーキ.jpg
仮装はしませんでしたが、カボチャのパウンドケーキを作りました。

続きを読む


立体造形 [グルメアート]

立体造形うさぎピーマン.jpg
左は発泡スチロールのピーマン、右はアイシングをかけたウサギ型レモンケーキです。

続きを読む


カニ様 [グルメアート]

お正月飾りを作ろうと思ったところから、『紋切り遊び』にはまっています。
紋切り遊びとは、江戸時代の切り紙遊びのこと。
左右対称であったり、幾何学的な模様を持つ家紋にオリジナリティを加えながらリデザインし、
それを切り紙にして遊ぶというもので、2つ折り、3つ折り、5つ折りにした紙を切って切って
最後に開くと、繊細な細工を施された紋が出来上がるという粋な遊びです。
『紋切り型』というと、『型にはまったつまらないもの』という意味合いで使われますが、
『紋切遊び』には、もともと公家、武家社会の権威の象徴であった家紋を踏まえながら、
そこから自由自在にはみ出していく町人たちの豊かな遊び心があふれています。
数年前から 家紋にはちょっと興味があって、専門書などを読んだりしていたのですが、
本当に奥深いし、デザインという観点からみても家紋ってよくできてると思います。
お正月飾り用には、めでたいものをということで、鶴、亀甲、富士山、違イ大根、南天、二ツ宝袋
を切りました。プラス、家紋としてはないのですが、稲紋(これは正式にある)にネズミを
加えたものを自分でデザインして切りました。ちょっと細かくしすぎて 切るのが大変でしたが
なかなか満足の出来です♪(これは元旦にでもUPします)

ところで、今日は弟が帰ってきたディナーでした。
メインは京都は間人(たいざ)から取り寄せたカニ様。
私はもともとカニには全くと言っていいほど執着はないんですが、この間人蟹!!!
きっちり詰まった身はホロホロと旨味が濃くって、ホントにホントに美味しかったです♪♪

というわけで、今日お披露目するのは、蟹紋の紋切遊び用アレンジです。


ローストビーフ [グルメアート]

          『ぐるまんじいは 肉も好き 
          風がふわりとそよぐとき 鼻が見つける丸焼き肉
          急ぎ陣取るオーブン前 しっとりばら色厚く切り
          お皿の真っ赤なソースまで 一滴残さずすくい舐め
          トリュフたっぷりお芋のピュレも 忘れちゃいけないお楽しみ』

          というのは絵本『ぐるまんじい』の一コマですが
          今日は母がローストビーフを焼きました。
          さすがにトリュフたっぷりのお芋のピュレは付きませんでしたが、
          肉汁溢るる焼き具合、美味しかったデス。

          さて、今日から始まる(?)年末年始ごちそうウィーク
          念のため宣言&公言しておきますが、今年の年末年始では
          絶対に太りません!!!…大丈夫かな(- -;)

※掲載されている画像・文章等、すべての内容の無断転載・引用を禁止します


グルメアート ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。